薄毛の原因

びまん性脱毛症の原因や改善対策は?病院に行かないと治らない?

更新日:

びまん性脱毛症は、女性ならいつかは直面する悩みではないでしょうか。

年とともに頭髪のボリュームが減ってきたという事も、もしかするとびまん性脱毛症の初期症状かもしれません。

早めに対策を立てられるよう、女性にみられる脱毛症の分類と、その中のびまん性脱毛症の立ち位置をご紹介します。

また、主にびまん性脱毛症が起こる原因と、それに対する改善方法をお伝えします。

女性用育毛剤No1ルルシアをチェックしてみる

女性のびまん性脱毛症の原因は?

女性のびまん性脱毛症が生じる原因として考えられるのは主に4つです。

もっと詳しく

  • 加齢・出産によるホルモンバランスの乱れ
  • ストレス
  • 過度なダイエット
  • 間違ったヘアケア

加齢や出産によるホルモンバランスの乱れ

老化が進むと自然に発毛・育毛能力の衰えや、頭皮の弾力、髪のハリやコシが失われてきます。

発毛や育毛に深く関わってくるのが、女性ホルモンのエストロゲン。

エストロゲンには、

  • 髪を健やかに保つ働き
  • 髪の成長を促す
  • 毛周期の成長期期間を維持する
  • 頭皮の血流改善

といった、髪を育てるのに必要な働きがギュッとつまっています。

しかし、エストロゲンは20代後半頃から徐々に減少し、30代後半から急激に減少。

髪がうねって乾燥する、ツヤがなくなるなど30代後半は髪にとっての曲がり角にあたります。

 

エストロゲン量が減ることで、髪の成長周期にも変化が訪れます。

閉経を迎えると毛髪が生まれてから退化するまでの毛周期に変化がみられます。

閉経後は、毛周期の休止期が長くなり、成長スピードが緩やかになります。

これにより、毛髪が以前に比べて太く育ちにくく、毛髪ボリュームが減ったように感じるという事もあるのです。

毛周期に対するこうした変化は、個人差はあるものの女性によくみられる症状です。

過度なダイエットによる頭皮の栄養失調

栄養失調に伴いびまん性脱毛症が生じるリスクもあるのです。

偏食やダイエットによって偏った栄養摂取の習慣が身についてしまい、毛髪が細く、頭髪のボリュームが全体的に減ってしまうのです。

また、食事以外にも生活サイクルを整え日々の悪習慣を断ち切ることは重要な事です。

睡眠や運動を見直してみることでホルモンバランスの不調や血行不良、精神的なストレスといった要因を取り除くことができるかもしれません。

出産・ピルによる分娩後脱毛症

分娩に関わったことを境に、ホルモンバランスが崩れ脱毛が起こることがあります。

一方で、ピルを服用している方に関しては、ピルのホルモン分泌を調整する作用によって、分娩の有無にかかわらず分娩後脱毛症とみられる症状が起こることがあります。

とはいえ、分娩後脱毛症は一時的なものです。

高齢になってからの出産やピル服用の場合は脱毛症の回復スピードが緩やかではありますが、一般的に半年から1年のあいだに回復する傾向にあります。

間違ったヘアケアによる頭皮環境の悪化

肌に合わないヘアケアをすることでも、脱毛症を引き起こす場合があります。

間違ったヘアケアによる脱毛症の結果、フケが毛穴詰まりを起こすことで脱毛を起こすことがあります。

やはり重要なのは、乾燥を招く洗い方を避けることです。

それには「頭皮に直接シャンプー剤・リンス剤を付けない」「すすぎは念入りにする」の2つが重要です。

シャンプー剤は頭皮に付けて洗うと摩擦による刺激を受けやすい為、髪の毛に付けて泡を作りましょう。

頭皮は泡で洗うようにします。

そして、シャワーで十分に洗い流すことです。

こめかみや耳の上~後側、うなじなどは、特にすすぎのこしたシャンプー剤・リンス剤が溜まりやすく、フケがとり切れておらず溜まってしまい、かゆみや炎症の原因になります。

びまん性脱毛症の改善対策方法は?

抜け毛が止まらない!びまん性脱毛症は2つのタイプ

瀰漫(びまん)性脱毛症は、頭髪が全体的に薄くなる症状の事を言います。

毛量ボリュームが減少することで、頭頂部や分け目については薄毛が特に目立ちます。

全体的な毛量がダウンし、見た目には「薄毛」にみえてくるのです。

また、太い毛が生えていたころに比べて細く短い毛へと変化するのが特徴です。

FAGA(女性の男性型脱毛症)の特徴・症状

男性型脱毛症(AGA)に似た症状が、女性にも起こります。

それが、女性の男性型脱毛症(FAGA)です。

すべての女性が男性ホルモンに感受性が高いわけではありませんが、FAGAが起こる背景には、毛髪を産生するための細胞が男性ホルモンに高い感受性を示すことがあげられます。

また、女性は卵巣機能が働いている間は女性ホルモンが分泌されているため、男性ホルモンとのバランスが保たれています。

しかし、閉経などを境にホルモンバランスが変化すると、男性ホルモンの比率が高くなり脱毛が起きうるのです。

さらに、FAGAには毛の抜け方に特徴があります。

・Ⅰ型/頭頂部や頭部正面から見たときに毛量が少ない
・Ⅱ型/Ⅰ型よりも脱毛の範囲が広くなっている
・Ⅲ型/正面から毛髪が抜けて頭部が後退し、男性型脱毛症に似た抜け方をする
・Ⅳ型/毛包が壊され発毛しなくなる「瘢痕性(はんこんせい)脱毛症」
・Ⅴ型/ホルモンバランスの乱れや薬が影響して生じる脱毛症

ちなみに、女性に関しては男性ホルモンの分泌量が男性のそれと比べてはるかに少ないため、頭頂部や前頭部の毛髪がすっかり脱毛するということはありません。

休止期脱毛症の特徴・症状

「成長期(早期・中期・後期)➝移行期➝休止期」と、毛1本1本にも生まれてから抜けるまでのサイクルがあります。

まるで、肌のターンオーバーのようです。

このうち、「休止期」にあたる時期の毛が抜ける現象を「休止期脱毛」と呼びます。

さらに、休止期脱毛はつぎの3種類に分かれ、それぞれ原因と特長が異なります。

・急性休止期脱毛/精神的なストレス、体温の急激な変化(高熱を出したなど)、ホルモン分泌量の変化(出産やピルの内服・中止)/太い毛が抜け急激に頭部の毛髪が広範囲にかけて薄くなる

・慢性びまん性休止期脱毛/慢性的な全身疾患、栄養失調、投薬/長い期間をかけて、毛の密度が頭部全体にわたり低くなる

・慢性休止期脱毛/若年層~高齢層にみられ、未だ原因がはっきりとしていない/頭部全体の太い毛が密集しなくなり、薄毛になる

慢性びまん性休止期脱毛については、主たる原因を取り除くことができれば回復に向かう可能性を秘めています。

びまん性脱毛症の原因は一つに絞り切れません。

改善したい方は、習慣を見直す事から始めましょう。

食生活や十分な生活の生活習慣を見直し

鉄分が欠乏することにより、髪が細くなったり毛髪に弾力がなくなることで、薄毛になることが考えられます。

女性は鉄分が不足する傾向にあるため、食品から意識して摂ることをおすすめします。

また、亜鉛も同様に不足しがちです。

毎日30品目を目指し、難しい場合はサプリメントで補完すると良いです。

生活習慣に関しては、喫煙はもってのほかですが、睡眠や運動についてはそれぞれの生活に合わせてできることから改善していきましょう。

寝られない、痩せられないといった焦りに繋がる事で、睡眠や運動の質が落ちてしまう可能性もあるからです。

一般的に、理想的な睡眠時間を年齢層別にみると40代までは7~8時間、50代以降は6時間ほどとなります。

運動が苦手であれば、リラックスできるヨガなどを取り入れると良いでしょう。

栄養面を意識し、ストレスをかけにくい生活習慣に整える事が、脱毛症改善へのスタートラインです。

時間があるなら医療機関を受診する

毛髪治療専門の皮膚科や美容外科の発毛外来であれば、びまん性脱毛症のお悩みを解決する糸口を見つけてくれるでしょう。

ただし、薄毛の原因によっては脱毛症の治療ができないケースもあります。

それは、前述の「慢性休止期脱毛」のように原因が分かっていないケースに該当する場合や、そもそも脱毛症と呼べるものではない場合もあるからです。

頭皮マッサージで育毛&血行アップ

次で詳しくご紹介しますが、頭皮用の化粧水、美容液などには血行促進や育毛効果を促すことを狙った成分が配合されています。

髪の生え際に数滴垂らし、頭皮を指で揉みほぐす、これを頭部全体に行う事で、化粧水や美容液を毛穴へ浸透させ、毛髪を育てるサポートをします。

また、この方法は頭皮ケアにも有効で、肌に水分を与えることで頭皮を保湿する事ができます。

育毛剤で頭皮&髪に必要な栄養素を補給する

休止期脱毛については、「ミノキシジル」という成分を配合した外用薬を使用する事で、毛の密度が増え毛髪が太く育つことが分かっていますので、試しに使ってみると効果が得られる可能性はあります。

また、「センブリエキス」は毛根の毛細血管の血行促進に関し効果が期待できます。

ちなみに、ヘアケアが不十分または合っていないという方は、フケや皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりが原因で脱毛症が起きている可能性もありますので、まずは頭皮ケアが必要となります。

例えば、フケの毛穴詰まりで起こる「粃糠性脱毛症」は、頭皮のターンオーバーが乱れていることで生じます。

ターンオーバーの乱れが起こる背景としては、生理前後などのホルモンバランスが崩れやすい状況や、頭皮ケアが不十分もしくは合っていないことが考えられます。

さらに、皮脂の過剰分泌が疑われる場合は、「脂漏性脱毛症」が起こっている可能性があります。

脂漏性脱毛症については、毛穴が炎症を起こすことで毛が抜けてしまいます。

まずは、粃糠性脱毛症・脂漏性脱毛症の要因を取り除きましょう。

それには、お顔のスキンケア同様に、頭皮の水分補給が必要です。

頭皮用の化粧水が販売されていますので、頭皮用の化粧水に美容液成分を配合したものを使うと、頭皮を乾燥から守ってくれます。

フケや皮脂の悩みには、やはり頭皮を保湿することに尽きます。

例えば、「カミツレ花」や「シソ葉」、「カキタンニン」「イチョウエキス」「ニンジン」のような植物由来の美容成分で頭皮を保湿します。

一方で、頭皮の乾燥による皮脂の過剰分泌が気になる方は、抗炎症作用を期待できる「グリチルリチン酸ジカリウム」や抗酸化作用を狙える油溶性ビタミン「酢酸DL-a-トコフェロール」配合の頭皮ケアアイテムをおすすめします。

「ピロクトンオラミン」は脂っこいフケに繁殖する菌に対して殺菌作用が期待できる成分です。

頭皮には皮膚の炎症を促す菌もいますので、皮膚の炎症を留めることにも繋がるのです。

このように、びまん性脱毛症であるかどうかは、頭皮トラブルの原因を取り除いた上で明らかになります。

まずは、自分でできる対処法として毛穴詰まりを解消できる方法を試してみましょう。

びまん性脱毛症に関するよくある質問

女性に多いびまん性脱毛症に多い疑問をまとめました。

女性のびまん性脱毛症にミノキシジルは効果あり?

女性用脱毛症のための頭皮用美容液もあり、ミノキシジルが配合されています。

ミノキシジルは頭皮の毛細血管を拡張する事で血行を促し、毛を育てるサポートをします。

ただし、発毛・育毛促進の実感には個人差があります。

実感が持たれにくいのは、毛を育てるには日数がかかるからです。

もし、確実な原因と治療法をお探しなら、病院で診てもらう事をおすすめします。

びまん性脱毛症のときはヘアカラーやパーマややめたほうがいい?

脱毛症の心配をするのであれば、ヘアカラーに使うカラー剤と、パーマをかける液剤は、短期間の間に使う事を避けましょう。

頭皮に刺激を与えることになるほか、毛髪のもともとの色や形を変えることは、毛に少なからずダメージを与えるからです。

とはいえ、髪の色を明るくすることで薄毛を目立たなくする、見た目の効果は感じられますので、日を置いてヘアカラー・パーマをするのは構いません。

びまん性脱毛症に育毛シャンプーは効果が期待できるの?

食生活を改善するとともに、毛細血管を拡張することで血行を良くする成分が含まれている育毛シャンプ-を使用する事で、毛髪の育成に積極的な環境を作ることに繋がります。

また、ヘアシャンプーの洗浄成分は刺激性の低い「アミノ酸系洗浄成分」が含まれたものを使うと、頭皮環境にも配慮する事が可能です。

びまん性脱毛症は複数の原因から起きていることが多いですので、生活習慣を見直すという大きなくくりでできる事のひとつに、ヘアケアアイテムを見直すことも含まれると考えられます。

びまん性脱毛症は抜け毛が気になったら早めの対策を!

毎日、身だしなみを整える時にチェックしているはずなのに、びまん性脱毛症の初期症状には気が付きにくいものです。

それには、頭部全体の毛量が徐々にうっすら減ってくるという、びまん性脱毛症の特徴も関係しています。

入浴の際に、毛髪の抜ける量が増えたと感じたら、育毛シャンプ-や頭皮用美容液などに切り替えてみても良いでしょう。

なにより、進行してしまう前に対策を打つことが大切です。

-薄毛の原因

Copyright© これはリピしたい!ルルシアで本当に髪が生えるか口コミをチェック! , 2019 All Rights Reserved.